2013年3月 7日

セミナー参加者の声:第2回 金融円滑化法終了に向けての税理士対象出口戦略セミナー

セミナー名;金融円滑化法終了に向けての中小企業診断士対象出口戦略

平成25年1月17日(木曜日)~平成25年2月14日(木曜日)までの毎木曜日に実施されたセミナーの参加者の声をまとめました。

セミナー概要はこちらから

1.今回のセミナーについての感想をお聞かせ下さい

中小企業を救うためには「実現可能性のある抜本的な経営再建計画」が必要なわけですが、単に数字の羅列ではなく、例えば社員の行動にまで入りこむことで数字の裏付けを高める等「実抜」の持つ意味がよくわかりました。



現場で通用する実践形式でよかったと思う。ど素人に誠実に対応していただき感謝いたしております。
完璧に実践形式のセミナーは他にないと思います。


実抜計画の勘所がわかりました。金融機関の求めているものが理解できました。


従前聞いていた内容を確認する為に参加したのですが、実抜計画・予実管理・モニタリング等の詳細・実務が確認できとても有益でした。

2.今回のセミナーの運営(時間配分や仕切り)についてお聞かせ下さい。

第3回で実際に「実抜計画を作る」といった、実践的な内容があり、講義だけではない大変有益な時間となりました。



時間配分はよかった。


少人数での講義が聞きやすかった反面、質問・ディスカッションをもっと交えると更に臨場感があったと思われます。

3.今回の実抜計画をご自身で実行してみたいと思いますか。

月末月初の資金繰り表では、本当に大変な企業は救えず、月中(日ごとの)資金繰り管理こそが重要という話は大変参考になりました。その部分も含め、中小企業を真に救える事務所となりたいと思っています。



確定申告が終わったらやります。


実践したいと思います。


業務上再生計画は必要ありませんが、営業活動の実践としての実抜計画・予実管理・モニタリングを部下の指導として実践したいと思います。

4.CNCグループとの協業をしてみたいと思いますか。

機会があればよろしくお願いいたします。



実務経験を積むには最適だと思う。入会希望いたします。
4月に入ったら、23区内の信金等にあいさつ廻りに行きます。今後ともよろしくお願いいたします。


よろしくお願いいたします


会員とは違った主旨になるかもしれませんが、情報交換しつつ協業をお願いしたいと思います。

5.その他、本セミナーについてご意見があればお願いします。

貴重なご講義、ありがとうございました。



特になし


本日は有難うございました。
机上だけではなく、実地に現場で得た情報で作成した計画は、説得力のあるものだと再認識いたしました。


再生計画の作成においては通り一遍の計画が多いのですが実践こそが必要です。そういった意味での有効性は高いと思われます。世にもっと広めて頂く様期待するとともに、布教のお手伝いができればと思います。



お問合せ